腸内環境とダイエットの関係

女性の太りすぎで多いのがぽっこりお腹。色々なダイエットをしても、下腹部だけはスリムにならず途中で断念してしまうことも。いくら頑張っても、お腹が凹まないとしたら、腸内環境に問題があるのかもしれません。腸内の環境をよくすることで太りにくい体質になります。腸内環境とダイエットについてみていき ましょう。

腸内環境が悪いとなぜ太る!?

便秘のメカニズム

便秘は女性の大敵ですが、便秘知らずの女性は腸内がとてもキレイで、太りにくい傾向にあるといわれています。

便秘は腸の中に老廃物が溜まっている状態で腸の活動が鈍くなります。新陳代謝が悪くなるので、脂肪を溜め込んでしまい太りやすい体質を作ります。腸内環境を整えて便秘を解消することで、太りにくい体質に変えることが可能です。

その前に、便秘のメカニズムをみていきましょう。

腸には善玉菌と悪玉菌が棲んでいて、通常は善玉菌の数が優勢で、バランスをとっています。このバランスが悪くなると悪玉菌が勢力を拡大して腸内のバランスが崩れ、老廃物を排出できなくなって便秘になってしまうのです。

便秘による様々なトラブル

便秘になると、様々なトラブルを引き起こします。

その1:消化・吸収が悪くなる

腸に食べ物が入ってきても消化できず、脂質や糖分などを吸収してしまいます。また食べ物の栄養素を吸収できなくなるので、太りやすくなってしまうのです。

その2:代謝が悪くなる

代謝が悪くなるとエネルギーの消化ができません。カロリーオーバーになってしまうので、太りやすくなってしまいます。

その3:皮下脂肪がつきやすくなる

腸内に老廃物が長時間滞在すると、分解されずに残っている脂肪を吸収してしまいます。それが皮下脂肪となって蓄積されてしまうのです。つまり善玉菌を増やして便秘を解消すれば、スリムで太りにくい体質になれるというわけです!

酵母の力で代謝機能を高める

善玉菌の代表的なものといえばヨーグルトなどの乳酸菌ですね。味噌や醤油、納豆、漬物などの発酵食品も乳酸菌が豊富。また、納豆菌も善玉菌を増やしてくれます。実は、乳酸菌や納豆菌と同じように、酵母にも善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあるのです。

それと同時に糖質を分解する働きもあります。乳酸菌は代謝機能を高めて、エネルギーの消費を高めてくれますが、酵母は肥満のもとになる糖質を分解してくれるので、より高いダイエット効果が期待できるのです。

管理栄養士の水谷さん

■本サイト「酵素酵母プロテイン… リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!」
を監修する水谷俊江さんのプロフィール

ダイエットコーディネーター/管理栄養士。美容クリニックや企業でのダイエット指導のほか、特定保健指導での相談業務に携わり、これまで4,000人のダイエット指導を行う。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとしてさまざまなメディアで活躍中。
水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

ダイエットコーディネーター水谷俊江さん(管理栄養士)監修

ダイエットコーディネーター
水谷俊江さん(管理栄養士)監修

あなたに代わって人気商品を徹底調査!ダイエットサプリお試し調査隊体当たりレポート!!
pagetop
酵素酵母プロテイン
リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!