酵母ダイエット

酵母には、体内で作れない必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富です。毎日の食事に酵素を含む食品を摂り入れると、善玉菌が増えて腸内環境が整って体内の糖質も分解されるので、デトックス効果やダイエット効果を期待できます。乳酸菌や酵素にもダイエット効果がありますが、どう違うのでしょうか。酵母ダイエットの効果や腸内環境とダイエットの関係、また酵母と酵素と乳酸菌の違いについてまとめています。

酵母ダイエットは糖質を分解するダイエット

酵母には脂肪を燃焼したり、デトックスの効果があります。これをダイエットに採り入れたのが酵母ダイエットです。外食が多い人や甘い物が好きな人でも、楽にダイエットできる人気のダイエットです。

酵母はお腹の余分な糖分を分解してくれるため、甘いものが好きな人でも酵母はきちんと働いてくれるのです。そして、酵母ダイエットがデトックス効果を期待できる理由は、酵母が腸内環境を整えて便秘を解消してくれる働きがあるからです。腸内バランスが崩れると、ポッコリお腹の原因にも。

さらに酵母は必須アミノ酸やビタミンB群、食物繊維など優秀な栄養素が含まれています。栄養の宝庫と言わんばかりで、ダイエット中でも栄養を取ることができます。

酵母ダイエットの効果とは?>>>

酵母で腸内環境を改善してすっきりダイエット!

腸内環境が悪化すると肥満になるといわれています。その原因は便秘です。便秘になると腸の新陳代謝が悪くなり、脂肪をため込み太りやすくなります。

このときため込んだ脂肪は「皮下脂肪」になってしまいます。便秘の解消がダイエットには必要不可欠なのです。酵母には乳酸菌と同じように善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えて肥満を解消する効果が期待できます。

酵母も乳酸菌も同じような働きをするのかと思うかもしれませんが、少し違います。乳酸菌が代謝機能を高めるのに対して、酵母は糖質を分解してくれるので、そもそも吸収させないように働いてくれるのです。

腸内環境とダイエットの関係>>>

酵母と酵素と乳酸菌の違いを知って肥満解消!

酵母はとても小さな微生物で、糖質を食べて発酵します。パンがふかふかな理由は、小麦粉の糖質を酵母が分解して隙間を作るからです。腸でも酵母は同様に、糖質を食べて腸をキレイにしてくれます。

酵素は野菜などに含まれるたんぱく質で、特に納豆やぬか漬けに豊富に含まれています。酵素は消化を手伝ってくれて、腸を元気にしてくれますが、和食が健康食と言われる理由の一つに、酵素を含んだ食品が多いことが挙げられます。

乳酸菌も腸を元気にしてくれますが、酵素と違う点は悪玉菌と戦ってくれるので、代謝機能を高めたり、血行を促進してくれたりします。注意点は、乳酸菌は胃酸に弱いので種類によっては腸に届く前に死んでしまうこともありますので、強い乳酸菌を選びましょう。

酵母と酵素と乳酸菌の違い>>>

ダイエットサプリお試し調査隊おすすめ商品BEST5

酵母ダイエットをしてみたい人におすすめしたいダイエットサプリを紹介しています。商品を選ぶ際、注目してほしい4つのチェックポイントで人気の酵母サプリをランキングしてみたので、商品選びの参考にしてくださいね。

1位:カメヤマ酵母

酵母が生きたまま腸に届いて、ダイエットの敵である糖質・脂質を分解してアミノ酸やクエン酸などの体に有効な栄養素に変えてくれます。

2位:アカデミア酵母

原材料のアカデミア酵母は、微生物の第一人者・水谷精成(きよしげ)氏が開発した生きた酵母。特殊な抹茶コーティングで新鮮なまま腸に届いて、糖質を分解します。

3位:スッキリ酵母くん

生きたまま酵母が腸に届く酵母サプリです。昔ながらの製法にこだわり、江戸時代からの老舗酒蔵で使っている清酒酵母と「秘伝の酵素液」を時間をかけて仕込んで、酵母と乳酸菌のコラボレーションで発酵を促します。

おすすめ酵母ダイエットサプリ一覧>>>

アルコールを作り出す酵母たち

酵母は自然界の樹木や花、果実などに存在する微生物で、その種類は多く、現在確認されているもので349種類もあるといいます。私達に馴染みの深い酵母といえばビール酵母にワイン酵母、ウイスキー酵母など。アルコール作りには欠かせない酵母ですが、お酒の種類によって発酵温度が違います。お酒を仕込むときは、それぞれの作り方に合った酵母が変わってきます。

ウイスキー酵母

ウイスキー作りに欠かせない酵母で発酵温度は17~35℃。他のお酒に比べると高温度で発酵します。ウイスキーの深い香りは、発酵後に余った糖分を乳酸菌が分解して、この香りを生みだします。

ビール酵母

ビール酵母の発酵温度は2タイプあります。15~25℃で発酵するタイプは華やかな香りが特徴。5~15℃で発酵するタイプはホップの苦味が利いた、まろやかな香りになります。

ワイン酵母

一般的な発酵温度は10~12℃ですが、ぶどうの種類によって若干異なります。多種多様な酵母や微生物の働きで発酵が進むと途中からワイン酵母だけが増殖して、独得の香りと味を生みだします。

清酒酵母

発酵温度は比較的低温の7~20℃です。ビールやウイスキーと違って発酵と糖化が同時に進むため、アルコール分が16~20%の高濃度になります。

管理栄養士の水谷さん

■本サイト「酵素酵母プロテイン… リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!」
を監修する水谷俊江さんのプロフィール

ダイエットコーディネーター/管理栄養士。美容クリニックや企業でのダイエット指導のほか、特定保健指導での相談業務に携わり、これまで4,000人のダイエット指導を行う。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとしてさまざまなメディアで活躍中。
水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

ダイエットコーディネーター水谷俊江さん(管理栄養士)監修

ダイエットコーディネーター
水谷俊江さん(管理栄養士)監修

あなたに代わって人気商品を徹底調査!ダイエットサプリお試し調査隊体当たりレポート!!
pagetop
酵素酵母プロテイン
リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!