カプサイシンダイエットで結果を出す効果的な方法

カプサイシンには、エネルギーの代謝を高める働きがありますが、あくまでも脂肪の燃焼をお手伝いするだけ。これだけではダイエット効果は期待できません。運動をするとより脂肪が燃えやすくなり、特に有酸素運動と組み合わせると効果的にダイエットができます。脂肪燃焼のメカニズムをみていきましょう。

カプサイシンの脂肪燃焼メカニズム

有酸素運動には脂肪を燃焼する効果があり、ダイエットに最適な運動です。

ウォーキングやジョギング、水泳などの運動をすると、呼吸とともに酸素を取り込んでエネルギーの消費が始まります。最初に消費されるのが血液中の糖質です。それがなくなると、肝臓や筋肉の糖質を消費し始めます。それを使い切った後に、体内に溜まっている脂肪の燃焼が始まるので、ダイエット効果が表れるまでには、ある程度の時間が必要です。

これを方程式にすると次のようになります。

有酸素運動でダイエット=酸素を取り込む→糖分を消費する→脂肪を燃焼する

この方程式からも分るように、糖分をしっかり消費しないと次のステップには進みません。つまり脂肪の燃焼が始まるまでに、ある程度時間がかかるということです。一般的には有酸素運動を20分以上して、脂肪の燃焼が始まるといわれています。

実は、カプサイシンを摂取すると脂肪の燃焼時間が短くなり、時間をかけずにダイエットができるのです。カプサイシンは、脂肪を分解する酵素「脂肪分解酵素リパーゼ」を活性化させて脂肪の燃焼を促してくれます。運動前に摂取すると脂肪の燃焼に拍車がかかり、短時間でも効率良く脂肪を燃やしてくれるのです。

自宅でできる有酸素運動

いくら有酸素運動といっても、ウォーキングやジョギングを息が上がるほど頑張ってしまうと酸素を取り込めなくなり、時間をかけても脂肪が燃えにくくなります。息切れしない程度の有酸素運動がベスト。さらに筋トレを一緒に組み合わせると、筋肉も鍛えられて理想的なダイエットができます。

スクワットで有酸素運動+筋トレ効果

自宅でできる、もっとも簡単な有酸素運動で同時に太ももの裏の筋肉を鍛える効果があります。一口にスクワットといっても奥が深く、ヒンズースクワットのようなスタンダードなものから、ダンベルを持って行うハードなものまであります。まずは手軽に取り組めるヒンズースクワットがおすすめです。

スクワットでは呼吸が重要で、上半身を上げる時に鼻から酸素を吸い込み、下げる時には口から息を吐き出すようにします。足の力に頼ってしまうと膝や腰を痛めてしまうので、お尻の後ろにイスがあるようにイメージして、そこに乗せるように腰を落とすといいでしょう。

スクワットの方法

  1. 足を肩幅に開いて立ちます。この時つま先は少し外側に向けましょう。背筋は丸めずに、緩やかなカーブを描くようにします。
  2. お尻を引くようにしてゆっくりと腰を落とします。この時膝が前に出過ぎないようにして、太ももの裏の筋肉にしっかり入れるようにしましょう。
管理栄養士の水谷さん

■本サイト「酵素酵母プロテイン… リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!」
を監修する水谷俊江さんのプロフィール

ダイエットコーディネーター/管理栄養士。美容クリニックや企業でのダイエット指導のほか、特定保健指導での相談業務に携わり、これまで4,000人のダイエット指導を行う。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとしてさまざまなメディアで活躍中。
水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

ダイエットコーディネーター水谷俊江さん(管理栄養士)監修

ダイエットコーディネーター
水谷俊江さん(管理栄養士)監修

あなたに代わって人気商品を徹底調査!ダイエットサプリお試し調査隊体当たりレポート!!
pagetop
酵素酵母プロテイン
リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!