黒酢ダイエットの効果は?

健康ブームで話題になった黒酢は、クエン酸やアミノ酸が豊富で様々な身体の不調に応えてくれるマルチな調味料です。アミノ酸はたんぱく質を構成する成分で、身体を作る重要な栄養素です。脂肪の燃焼を助けたり、むくみを防ぐ働きもあり、ダイエット効果に期待が高まります。黒酢に秘められたダイエット効果をみていきましょう。

黒酢のダイエット効果の秘密はアミノ酸にあり!

健康成分がぎっしりつまった黒酢

黒酢は米酢の一種で、玄米や大麦を発酵・熟成させた醸造酢です。ツンとするお酢特有の臭いが少なく、液体はドロッとしていて深みのある琥珀色をしています。

醸造方法は至ってシンプル。壺の中に原料となる米・麹・水を入れて1~3年ほど寝かせるだけ。時間をかけることでじっくりと熟成が進み、その過程でたんぱく質を構成するアミノ酸や、疲労回復効果のあるクエン酸とペプチド、腸内環境を整える有機酸などの成分が生成されます。

黒酢が身体にいいといわれるのは、健康成分がぎっしり詰まっているからなんですね。

アミノ酸の働きに注目!

黒酢の成分でもっとも気になるのがアミノ酸です。アミノ酸は、たんぱく質を構成する栄養素の総称で、身体を作る重要な成分です。このアミノ酸が、私達の骨や皮膚、血管、内臓、心臓、脳を作り、動かしています。

自然界にはアミノ酸が500種類もありますが、人間のたんぱく質を作るアミノ酸はわずか20種類だけ。この20種類のうち、体内で合成できる非必須アミノ酸は11種類、体内では合成できない必須アミノ酸が9種類。黒酢には、必須アミノ酸が8種類、非必須アミノ酸が9種類、合計で17種類のアミノ酸が含まれているんです!

アミノ酸の種別 効果 種類
必須アミノ酸 体内で合成できないアミノ酸 バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン
非必須アミノ酸 体内で合成できるアミノ酸 アラニン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、チロシン、アスパラギン、グリシン、セリン

ダイエットをサポートする燃焼系アミノ酸

17種類のアミノ酸のうち必須アミノ酸のリジン、非必須アミノ酸のアラニン、アルギニン、プロリンは、ダイエットを応援する頼もしいアミノ酸です。この4つは燃焼系アミノ酸と呼ばれ、「脂肪分解酵素リパーゼ」を活性化させる働きがあります。リパーゼは体内に蓄積されている脂肪を分解して燃焼する、脂肪を分解する酵素です。リジンとフェニルアラニンがこの酵素の働きを促して、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

むくみや水太りを解消するアルブミン

アミノ酸は肝臓で作られる、アルブミンの生成にも関わっています。アルブミンは、肝臓で作られるたんぱく質で、約600個のアミノ酸からできています。血液中に存在するアルブミンには、血液の浸透圧を調整委する働きがあります。細胞と細胞の間に溜まっている、余分な水分や老廃物を血管の中に取り込んで排出してくれるので、むくみや水太り防止にも効果があります。

管理栄養士の水谷さん

■本サイト「酵素酵母プロテイン… リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!」
を監修する水谷俊江さんのプロフィール

ダイエットコーディネーター/管理栄養士。美容クリニックや企業でのダイエット指導のほか、特定保健指導での相談業務に携わり、これまで4,000人のダイエット指導を行う。現在は、「食」を中心に健康や美容に関するコラム執筆やダイエットコーディネーターとしてさまざまなメディアで活躍中。
水谷さんのブログ:http://ameblo.jp/ds-kanrieiyoushi/

ダイエットコーディネーター水谷俊江さん(管理栄養士)監修

ダイエットコーディネーター
水谷俊江さん(管理栄養士)監修

あなたに代わって人気商品を徹底調査!ダイエットサプリお試し調査隊体当たりレポート!!
pagetop
酵素酵母プロテイン
リバウンドしない
ダイエット方法を探せ!